ホームセミナー一覧英国・提携機関 EJEF日比谷・ソーシャルバレー書籍事業部スピーカーズコーナー・トウキョウ海外視察事業アンケート
 
セミナーキーワード検索

お探しのキーワードで検索してください。 (セミナー番号、セミナータイトルや内容、講師名などで検索できます)


会員ログイン


おはようございますゲストさん。
ログインはこちらから。
新規会員登録はこちらから。
カート内容はこちらです。

セミナーカテゴリー


 

時評社

 

日本エネルギー学会

 

日本ビルディング

 

NPO法人知的生産の技術研究会

 
No.13978
    開催日/時間  2018年2月9日(金) 13:30-15:30

2020年に向けた
スポーツビジネスにおけるテクノロジー活用3大秘策と
NTTグループをあげて取組む主要命題と事例

~ 「スマートスタジアム」「デジタルマーケティング」「スポーツ×テクノロジー」 ~
 
分野名

総務省関連/情報通信
総務省関連/総合通信
総務省関連/その他
文部科学省関連/その他

講義概要

 政府の日本再興戦略2016において、スポーツ分野が新たな有望市場として位置づけられ、その成長産業化が命題となって以来、アスリートの強化支援にとどまらず、観客の新たな視聴体験やスポンサーの満足度向上など、同分野におけるテクノロジー活用に向けた議論が活発化している。一方で、各スポーツ団体やチームにおいて、資金面や人材面で、テクノロジー活用が思うように進まない現実も存在する。本講義では、国内外の動向をNTTグループの取組み事例を通じて紹介し、2020年に向けたスポーツイノベーションにおける真に必要なテクノロジーとは何か、その導入方法について考察する。

講義項目

1. 2020年に向けた日本のプロスポーツの現状
   (1)市場(世界との比較)
   (2)日本再興戦略2016とIT活用
   (3)スポーツ界のITプレイヤーとNTT事例
2. スポーツファンは、真にITテクノロジーを必要としているのか?
   (1)米国のスタジアムにおけるファン意識調査
   (2)スタジアムアプリの実情
3. テクノロジー活用にむけた3つのヒント
   (1)キャズムを超えるサービス(ファンの連続性)
   (2)ファンダメンタルなサービス
   (3)三方よしのサービス
4. 関 連 質 疑 応 答
5. 名 刺 交 換 会
   講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

講 師 13978tomatsu.gif 日本電信電話株式会社  新ビジネス推進室
2020レガシー担当  担当部長  戸松 正剛 氏

<略歴>
同志社大学商学部 卒業(1997年)
中小企業診断士 登録(2001年)
Vanderbilt University Owen School of Management卒(MBA, 2007年)
NTT入社以来、主に新規事業開発、マーケティング業務に従事。現在は、JリーグとNTTグループのアライアンス責任者として協業プロジェクトを推進するなどスポーツビジネス×テクノロジー(ICT)を主眼に活動中(2013年より現職)。


開催日 2018年2月9日(金) 13:30-15:30
主催者 日 本 計 画 研 究 所
会場 東京都 / JPIカンファレンススクエアⅡ
港区南麻布5丁目2番32号 / 興和広尾ビル
03-5793-9761
http://www.jpi.co.jp/company/acces.shtml
(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)
※事前登録なしに当日参加の方は、開催要領等変更の有無を上記にお問い合わせください。
参加費

セミナー参加費
1名 : 32,920円 (資料代・消費税込)
2名 : 60,840円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)

問い合わせ先 JPI(日本計画研究所) 東京都港区南麻布5-2-3 興和広尾ビル
Tel:03-5793-9761 Fax:03-5793-9766

このセミナーと関連の深い出版物など

商品画像 商品名 出版社 著者 定価
総務省名鑑 2017 総務省名鑑 2017
時評社 3,564円
(税込)
《概要》 ●総務省本省、外局、地方支分部局等の全幹部職員を網羅 ●入省後の「主要経歴」をすべて紹介 ●生年月日、出身地、出身校、主要著書・論文、趣味、血液型等を掲載 ●主要幹部の「顔写真」付き.....→詳細をチェック
情報通信白書 平成26年版 情報通信白書 平成26年版
日経印刷 総務省 
3,200円
(税込)
.....→詳細をチェック

セミナートップへ>> 

取引表記義務項目   プライバシー・リーガル サイトマップ

セミナーお問合せ03-3508-9070

 
 (C)Copyright 2006 Japan Planning Institute. All rights reserved.