タ イ ト ル

近年急増する、洋上風力発電等国内エネルギー・インフラ建設プロジェクト向け

我が国で「FIDIC」を使いこなすために押さえるべき日本法上の論点と実務

FIDIC:国際建設契約約款(Federation Internationale des Ingenieurs-Conseils)

開 催 日 時
2019年06月14日(金)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14484
講義概要
近年、国内でも、洋上風力発電などの大規模な建設プロジェクトにおいて国際的な建設契約約款であるFIDICが用いられるケースが増えています。
しかし、FIDICは、英国法(コモンロー)をベースとする契約約款であるため、日本法に整合しない部分が少なくなく、契約交渉・管理上、疑義が生じるリスクもあります。
本セミナーでは、英国法との相違点を踏まえたうえで、国内プロジェクトでFIDICを使いこなすために押さえるべき日本法上の論点を分かりやすく実践的に詳説します。
講義項目
1.FIDICの概要・特徴
2.契約交渉・管理上の諸論点
  (1)工程と価格の仕組み・調整
  (2)不可抗力、用地、天候等のリスク分担
  (3)注意義務、瑕疵担保
  (4)損害賠償の範囲・制限
  (5)所有権の移転と危険負担
  (6)その他
3.紛争解決
  (1)クレーム手続
  (2)紛争処理委員会(Dispute Board)
  (3)調停・仲裁・訴訟
4.関連質疑応答
5.名刺交換会  講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

~法律事務所所属の方の聴講はご遠慮願います~
講 師 

森・濱田松本法律事務所


                        
                      

パートナ弁護士(日本・ニューヨーク州)

村上 祐亮 氏

<略歴>

各種の再エネ案件やPFI/PPP案件を始めとして、エネルギー・インフラの両分野で、事業開発、契約交渉・管理、プロジェクトファイナンスからセカンダリー投資まで、事業者・コントラクター・金融機関の各立場から、幅広くアドバイスを提供している。Allen & Overy ロンドン(プロジェクトファイナンス部門)では、欧州・中東の発電プロジェクトに従事した経験を有し、クロスボーダー案件にも強みがある。Legal 500 Asia Pacific 2019にて、Next Generation Lawyer(Projects & Energy)に選出。

2004年東京大学法学部卒業、2006年東京大学法科大学院修了、2007年弁護士登録、2012年ハーバード大学ロースクール卒業、2012~2013年Allen & Overy(ロンドン)に出向、2013年ニューヨーク州弁護士登録、2015~2016年東京大学法学部講師(民法)。

主な著書・論文:『発電プロジェクトの契約実務』(別冊NBL154号、2015年、共著)、「プロジェクト・ファイナンスにおけるステップ・インの再検討-英米におけるDirect Agreementの実務を踏まえて-」(NBL1052号)、「発電プロジェクトにおける担保法上の論点-民事法と実務の交錯-」(SFJ Journal Vol.12)、『詳解 シンジケートローンの法務』(金融財政事情研究会、2015年、共著)等、多数。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費
1名 : 32,810円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,810円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG
経済産業省関連/商務情報