タ イ ト ル

表現技量で勝ち負けに大差

PPP-PFI事業受注・選定につなぐ
評価される「事業提案書の作り方」

~事業提案書作成の4段階 評価される事業提案書とは~

開 催 日 時
2019年03月08日(金)  14:00 - 17:00
<当日13:00までお受付致します>
セミナーNo 14505
講義概要
PPP-PFIの事業提案書は、同じような内容であっても表現技量の優劣によって評価に大きな差が出てしまいます。審査員にストレスを感じさせず、読みやすくわかりやすい事業提案書の作り方を、取組件数700件以上、受注(選定)確率50%以上という実績から実学として詳説する。
講義項目
1.最近の入札状況からのトピックス
(1) PPP-PFi事業における現状と課題
(2) 発注者側の悩みと応募者側の悩み
(3) 最近の入札結果からのトピックス
2.事業提案書の作成プロセス
(1) 事業提案書の作成フロー
(2) 提案力アップに向けた基本方針
(3) 社内体制づくり
(4) 事業提案書作成の4段階
(5) プロジェクトルームの活用
3.要求水準のとらえ方
(1) 入札時の公表資料と上位計画
(2) 応募者にとっての公募資料の読み込み
4.高評価の事業提案書の作成に向けて
(1) 評価される事業提案書とは
(2) 事業提案書の変遷
(3) 表現技術
(4) 読みやすいわかりやすい表現
5.高評価のヒヤリングやプレゼンに向けて
(1) プレゼン資料の作成プロセス
(2) プレゼン力アップのポイント
(3) 想定問答集の作成
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

ベックス株式会社


                        
                      

代表取締役

岡崎 明晃 氏

<略歴>

1975年早稲田大学理工学部卒
三菱化工機、東燃化学でプラントエンジニア、新規事業企画、開発営業などを経験。
早稲田大学ビジネススクールにてベンチャー起業理論コースを習得。
マネジメントからエンジニアリング、メンテナンスに至るまで幅広い知識とノウハウを活かして、ベックスを2003年に創設。
中野サンプラザの民営化では、地元企業をまとめ、事業計画書作成とコンサルティング業務を実施して成功に導き、PPPの先駆的役割を果たす。
著書『事業提案書の作り方』(日刊工業新聞社)
<所属協会・団体・学会等>
東京商工会議所法人会員
日本PFI・PPP協会
日本体育スポーツ経営学会
日本スポーツマネジメント学会
アリーナ協議会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
 ▶民間参加費1名 : 32,730円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,730円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームペジからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 内閣府関連/総合政策
総務省関連/政策・PPP
国土交通省関連/総合通信