※開催前日の15時以降は申込フォオーム入力・申込み後、
お手数をおかけ致しますが、03-5793-9765までご連絡をお願い致します。
タ イ ト ル

水素社会の形と現在位置、そして事業化の可能性を踏まえ

水素社会の実現、将来的水素の事業化に向けた、今打つ活動の一手


                  

開 催 日 時
2019年04月25日(木)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14506
講義概要
2050年の温室効果ガス80%削減目標の達成には水素が重要な役割を担うと想定され、国を中心に水素社会に向けた取組みが加速している。
水素社会の実現に向けて多くの課題がある中で、プレーヤーによって様々に変わる水素社会の形を整理・再定義し、現在位置を明らかにする。
最後に水素社会の実現、将来的な水素の事業化に向けて今できる活動について提案を行う。
講義項目
1.水素社会推進の背景
 (1)社会的背景
 (2)国の政策・方針
2.水素社会の現在位置
 (1)最新の取組み状況
 (2)各取り組みの課題と対応策
 (3)海外の状況
3.水素社会のビジネスイメージ
 (1)水素社会のキープレーヤー
 (2)3種の水素社会とビジネスイメージ 
   - エネルギーミックス   - モビリティ・燃料電池    - 地方創生
4.事業化を成功させるために
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

株式会社三菱総合研究所

環境・エネルギー事業本部 スマートコミュニティグループ

研究員

河村 好一 氏

<略歴>

2007年 3月 東京大学 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻修了
2007年 4月 株式会社東芝 入社 水素関連プロジェクト担当
2017年 6月 株式会社三菱総合研究所 入社水素・新エネルギー関連のコンサルティング業務に従事

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 32,740円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,740円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG
経済産業省関連/産業技術
環境省関連/資源・LNG