※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

本年1月1日施行

平成30年改正著作権法を生かしAIビジネスを展開するために
必要かつ重要な法的知識と対応実務

2時間で理解させる特別セミナー

開 催 日 時
2019年05月10日(金)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14553
講義概要
本年1月1日、平成30年改正著作権法が施行された。注目すべきは、デジタル化・ネットワーク化の進展に対応した柔軟な権利制限規定が設けられたことだ。これにより、AIを用いて著作物を含む大量の情報収集・解析の促進と、それによる新たな価値創造社会(Society5.0)の実現が期待されている。本講では、この改正著作権法を生かし、AIビジネスを展開するために必要かつ重要な法的知識と実務対応について詳説する。
講義項目
1.AI(人工知能)とSociety5.0について
2.平成30年改正著作権法の概要
*TPP発効に伴う改正を含む
3.デジタル化・ネットワーク化の進展に対応した柔軟な権利制限規定の整備
(1)30条の4(著作物に表現された思想又は感情の享受を目的としない利用)
(2)47条の4(電子計算機における著作物利用に付随する利用等)
(3)47条の5(新たな知見・情報を創出する電子計算機による情報処理の結果の提供に付随する軽微利用等)
(4)関連政省令(電子計算機による情報創出サービスの提供に関する基準)
4.改正著作権法を踏まえた実務対応
(1)所在検索サービス
(2)情報解析サービス
(3)その他(相談事例を踏まえた検討等)
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

骨董通り法律事務所


                        
                      

弁護士

出井 甫 氏

<略歴>

■経歴
早稲田大学本庄高等学院出身
2013年 早稲田大学法学部卒業 司法試験予備試験合格
2014年 早稲田大学法科大学院中退
2015年 弁護士登録(第一東京弁護士会・68期)アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所
2018年2月 骨董通り法律事務所加入
■所属団体
日本弁護士連合会 憲法問題対策本部幹事
第一東京弁護士会 憲法問題検討協議委員会会員
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク会員
弁護士知財ネット会員
個人情報保護士会会員
■著書・論文
『裁判官と弁護士で考える 保険裁判実務の重要論点』第一法規〔共著〕(2018年)
「AI生成物の著作物性の判断基準とその判断手法に関する一考察」パテント2018年4月号(Vol.71)
「若手弁護士の談話室/アパレル案件を通じて再確認した教訓」Ichiben Bulletin 2017年4月号(No.529)
「刑弁通信/専門家たちとの協力による再度の執行猶予判決」Ichiben Bulletin 2017年3月号(No.528)
「AI創作物に関する著作権法上の問題点とその対策案」パテント2016年12月号(Vol.69)
「AI生成物に関する知的財産権の現状と課題~Society 5.0の実現に向けて~」情報の科学と技術 2018年12月号(68巻12号)

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,920円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,920円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 総務省関連/情報通信
経済産業省関連/産業技術