※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

社会保険診療報酬支払基金が発表した

「支払基金業務効率化・高度化計画」「データヘルス改革推進計画」
その改革のポイント及び進捗と今後の方向性


                  

開 催 日 時
2019年05月20日(月)  09:30 - 11:30
<当日08:30までお受付致します>
セミナーNo 14595
講義概要
社会保険診療報酬支払基金(以下、支払基金)は、社会保険の医療費の審査支払機関として、長年にわたり、適正な審査と迅速な支払を二大使命に掲げ、国民皆保険を支えてきた。平成27年より改めて、規制改革推進会議や厚労省に設置された有識者検討会において厳しい指摘を受け、平成29年7月に厚生労働省や国民健康保険中央会と共同で「支払基金業務効率化・高度化計画」ならびに「データヘルス改革推進計画」を発表した。本講演では、今回の改革におけるポイントに加えて、特にその進捗状況に比重を置いて詳説する。
講義項目
1. 支払基金の紹介とこれまでの歴史
2. 審査支払事業の改革
  (1) 改革の全体スケジュール
  (2) 新たな審査支払システムの開発
  (3) 審査の不合理な差異の解消
  (4) 組織の在り方の見直し
3. データヘルス改革推進計画
  (1) これまでの経緯
  (2) オンライン資格確認システム
  (3) NDBと介護DBの連結
  (4) 健康スコアリングレポート
  (5) 保健医療記録共有サービス
4.関連質疑応答
5.名刺交換会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

社会保険診療報酬支払基金


                        
                      

理事長特任補佐

吉井 弘和 氏

<略歴>

社会保険診療報酬支払基金の理事長特任補佐。2004年に東京大学理学部数学科を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。1年間のドイツオフィスへの転勤を含めて5年間の勤務の後に休職して、米国と英国に留学し、2011年、コロンビア大学国際・公共政策学院(SIPA)およびロンドン大学政治経済学院(LSE)より公共経営学修士を取得。2011年から1年間、日本人初となる英国与党保守党本部、ロンドン市長選挙の選挙対策本部、英国下院議員の議員秘書など、英国政治の現場で多岐にわたる活動に従事。2012年にマッキンゼーに復職後、本格的にヘルスケア・セクターに注力して、医薬品・医療機器メーカーなどの民間企業、地方自治体の医療政策当局、病院チェーンなどのコンサルティング活動に従事。2017年3月にマッキンゼーを退職して、2017年度は厚生労働省のデータヘルス改革推進本部参与を兼任して現職に至る。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,760円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,760円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 厚生労働省関連/
厚生労働省関連/