タ イ ト ル

年商1兆円以上企業の
事業開発、製品開発、研究開発等ご担当責任者の方対象

国内外トップ企業のイスラエル活用事例と
提携の仕方・契約・管理の留意点


                  

開 催 日 時
2019年06月11日(火)  09:30 - 11:30
<当日08:30までお受付致します>
セミナーNo 14599
講義概要
近年注目を集める中東のシリコンバレーのイスラエルの頭脳を活用しようと、欧米、アジアのテクノロジー企業が現地才能を獲得するべく、投資、研究・技術開発の分野での取組みが盛んに行われております。
本講演では、イスラエルの頭脳を、事業開発、研究・開発に取り込んでいくポイントを、欧米企業の実例、日系企業の実例を交えてイスラエルの頭脳を研究開発に取り込むためのポイントと留意点について詳説します。
講義項目
【講演項目】 
1 なぜ、イスラエル?
 (1)世界のTOP企業の入れ替わりとビジネスモデルの変化
 (2)イスラエルが中東のシリコンバレーのと呼ばれる理由
 (3)イスラエルのスタートアップエコシステム
 (4)エコシステムを4つの側面から
2 世界のTOP企業のイスラエル活用
 (1)グローバル企業が拠点を置く背景
 (2)インテル、アップル、グーグルの事例
 (3)サムスンの事例
 (4)マイクロソフトの事例
 (5)進出手法まとめ
3. 研究・開発の潮流変化への対応
 (1)研究・開発と外部連携の時代の流れ
   (2)R&DとCVC機能の連動・連結
 (3)ハッカソン、アクセラレータについて
 (4)CVC連動型アクセラレータ
4. 日系企業事例
 (1)大手自動車メーカーの事例
 (2)大手エレクトロニクス企業の事例
 (3)大手IT企業の事例
 (4)大手事業会社の事例
  (5)他日系企業事例
5.イスラエルビジネスのポイント
 (1)目利き
 (2)アライアンス手法の決定
 (3)実行プラン作成のポイント
 (4)現地で上手く活動するグローバル企業特徴
  (5)まとめ
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

株式会社イスラテック


                        
                      

代表取締役

加藤 清司 氏

<略歴>

静岡理工科大学、理工学部卒業。 株式会社イスラテック 代表取締役。 2006年、ある無線技術に着目し、人生の初海外として、イスラエルに長期滞在。 帰国後、事業会社に勤めながら、日本語の情報がない状況に着目し、ブログにてイ スラエルのテックの情報発信を開始し、以後、イスラエルのスタートアップ企業の調 査事業をスタート。 13年間継続して現地一次情報の定点観測、分析を行う。現在は、日本企業の対イ スラエル事業における戦略構築・競合分析、調査/企業選定・視察コーディネート、 実行支援と各フェーズにおいて、サポートできる体制を整え、日本企業のイスラエル 進出支援、アライアンス支援をワンストップで行う。 クライアントは、自動車関連会社、大手通信会社など多業種に渡り、50社を超える。 メディアへの寄稿やJETROなどでの研修講師など、イスラエルハイテクスタートアッ プの専門家として、幅広く活動している。 著書「 スタートアップ大国 イスラエルの秘密(洋泉社)」 

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,800円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,800円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 外務省関連/海外事業
経済産業省関連/通商政策