※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

電力広域的運営推進機関(OCCTO)

容量市場の要諦、経過措置、情報掲示板等 容量市場運用の円滑化方策


                  

開 催 日 時
2019年06月26日(水)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14609
講義概要
2020年にオークションが始まる容量市場についてその概要を解説するとともに、発電事業者、小売電気事業者それぞれにとっての影響を紹介します。更に、経過措置、情報掲示板など容量市場運用の円滑化の方策についても詳説します。
講義項目
1.容量市場導入の必要性
(1)容量市場導入の背景と目的
(2)需給バランスの見通し
2.容量市場による供給力確保の概要
(1)各事業者の容量市場への関わり方
(2)容量市場のオークションの仕組み
(3)容量市場の市場分断の仕組み
3.発電事業者等が容量市場へ参加する仕組み
(1)発電事業者等の容量市場参加の考え方
(2)容量市場のリクワイアメント
(3)容量市場のペナルティ、容量確保契約金額の支払い
(4)FIT電源、DR、自家発・小規模電源の容量市場への参加について
4.小売電気事業者等が容量拠出金を負担する仕組み
(1)小売電気事業者が負担する容量拠出金の算定方法
(2)容量拠出金の試算例
5.その他
(1)容量市場導入における経過措置
(2)既存の相対契約について
(3)発電設備等の情報掲示板
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

電力広域的運営推進機関(OCCTO)

理事

企画部長

進士 誉夫 氏

<略歴>

1964年1月26日生。1987年東京大学工学部電子工学科卒業。1987年東京ガス(株)入社,コージェネレーションをはじめとする分散型電源の電気・制御技術開発,エンジニアリングに従事。系統連系技術要件ガイドラインの策定の参画。2006年~2008年 電力系統利用協議会(ESCJ)に出向。2008年よりスマートエネルギーネットワークの研究に従事。2017年より現職。早稲田大学 先進グリッド研究所 招聘研究員。博士(工学)、技術士(電気電子部門)。第1種電気主任技術者免状保有、IEEE,電気設備学会、電気学会会員。
<所属協会・団体・学会等>
IEEE,電気設備学会、電気学会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,900円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,900円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG
経済産業省関連/商務情報