※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

東京電力HD
電力ネットワークのデジタル化等

電力会社が目指すデジタライゼーションの取組み例と今後の展開


                  

開 催 日 時
2019年07月09日(火)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14610
講義概要
電力事業を取り巻く環境は、2020年の法的分離に向け大きく動き出している。電力事業の将来像を示したUtility3.0では、事業環境変化のドライバとして技術面においてはデジタライゼーションをあげており、電力会社にとってデジタル化によるアセットの有効活用はエネルギー産業としての基盤事業を左右するとともに新たなビジネス展開を生む必須要件となっている。
そこで本講演では、東京電力のデジタル化を例に電力会社が目指すデジタライゼーションについて詳説する。
講義項目
1.電力会社を取り巻く環境の変化
(1) 電力会社を取り巻く環境
(2) Utility3.0の示す将来像とそのギャップ
2.電気事業の将来像
(1) これまでの電気事業とこれからの電気事業
(2) 電気事業と脱炭素化とデジタル化
3.電力事業におけるデジタル化の注力領域
(1) 電気事業におけるビッグデータ
(2) デジタライゼーションへの取り組み
4.電力ネットワークのデジタル化
(1) 電力系統のデジタル化
(2) デジタル化の基本コンセプト
(3) 具体的な取組例
5.付加価値サービスの提供
(1) 付加価値提供の基本コンセプト
(2) オープン・イノベーションによる「拡がり」の構築
(3) 具体的な取組例
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 
   講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

東京電力ホールディングス株式会社

技術戦略ユニット技術統括室技術戦略担当

兼 渉外・広報ユニット海外事業室

馬橋 義美津 氏

<略歴>

【1992年】慶應義塾大学理工学研究科電気工学専攻  修了 東京電力  入社
【2010年】本店 技術部 電力取引グループマネージャー
【2012年】本店 技術部 電源計画グループマネージャー
【2014年】パワーグリッドカンパニー系統エンジニアリングセンター 系統技術グループマネージャー
【2016年】東京電力パワーグリッド株式会社 系統計画室系統技術グループマネージャー
【2018年】東京電力ホールディングス株式会社 技術戦略ユニット技術統括室 技術戦略担当
<所属協会・団体・学会等>
IEC/TC122WG1(コンビナー)
GO15(Governing Board member)
電気学会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,910円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,910円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/
経済産業省関連/