※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

年間100件以上のリーガルチェックを受ける弁護士が解説

契約書リーガルチェックの実務上のチェックポイント

~必ずこれだけはチェックして欲しい!これをチェックしておけば大怪我はしない!~

開 催 日 時
2019年08月02日(金)  13:30 - 15:30
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14622
講義概要
契約書は思い出や記念品ではなく、紛争予防、紛争回避、紛争解決のために作成されるべきである。この視点のないまま契約書に調印すると後日の紛争に発展するリスクが高い。本講演では、戦略的な契約書リーガルチェックの重要性とその実践方法をアドバイスする。
講義項目
1.契約書作成の目的
  (1)紛争予防、紛争回避
  (2)紛争解決
2.戦略的な契約書リーガルチェックの重要性
  (1)書式集の雛形やサンプル書式の危険性
  (2)リーガルチェックの3つのレベル
  (3)契約書の柱となる4つの項目
3.戦略的な契約書リーガルチェックの実践方法
  (1)当事者に関するチェックポイント
  (2)用語など形式面のチェックポイント
  (3)契約期間、金銭支払、契約終了など頻出項目のチェックポイント
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

銀座櫻井綜合法律事務所


                        
                      

弁護士

櫻井 喜久司 氏

<略歴>

昭和59年 早稲田大学法学部卒業
平成7年  最高裁判所司法研修所修了
平成7年  弁護士登録(第一東京弁護士会)
現在    銀座櫻井綜合法律事務所 代表
<弁護士会の役職歴>
第一東京弁護士会では、副会長、多摩支部長、常議員、弁護士推薦委員会委員長、遺言信託実務研究部会部会長、
会社法研究部会副部会長等を歴任。
関東弁護士会連合会では、理事、監事を歴任。
<その他の経歴>
東京簡易裁判所民事調停委員
文部科学省原子力損害賠償紛争審査会特別委員 等
<主な著書>
「弁護士が教える 実は危ない契約書」(清文社)
「役員のための 株主総会対策の鉄則」(清文社)
「遺言信託の実務」(清文社・編集委員)
「新会社法A2Z 非公開会社の実務」(第一法規・編集委員)等多数
<所属協会・団体・学会等>
第一東京弁護士会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,740円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,740円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 法務省関連/民事