※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

OSSの基礎から法的諸問題、最新の紛争事例を解説
OSSの著作権侵害訴訟、自社ソースコードの開示請求等に抵触しない

OSS違反防止への実務対策と日常業務のポイント


                  

開 催 日 時
2019年08月07日(水)  13:30 - 15:30
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14658
講義概要
今日、あらゆる業種の企業活動にOSSは不可欠の存在になっていますが、OSSは無条件のものではなく、各OSSの要求するライセンス条件を遵守する必要があり、遵守されない場合には、著作権侵害等で訴訟提起されたり、自社ソフトウェアのソースコードの開示を強制されるおそれがあります。本セミナーでは、OSS利用企業(=ほぼ全ての業種)の経営層・法務知財担当者向けに、OSSの基礎から法的諸問題と共に、日常業務へのヒントを取り上げます。
講義項目
1.ソフトウェアと知財
 (1)契約による保護と知財による保護
 (2)特許による保護と著作権による保護
 (3)著作権関連条約による国際的保護
2.OSSの基本知識
 (1)OSSの歴史
 (2)OSSの定義
3.OSSライセンスの法的性質
 (1)法的性質(契約か単独行為か)
 (2)頒布・配布の意義
 (3)寛容型と互恵型(GPL、LGPL、AGPL)
 (4)GPLの適用対象
 (5)GPLにおける開示ソースコードの範囲 
 (6)GPLにおける追加的制約の禁止
 (7)GPL「汚染」
 (8)OSSライセンスの両立性・互換性
 (9)OSSと製造物責任
 (10)訴訟管轄と準拠法
 (11)民法・著作権法改正による影響
4.実務上の対策~ソフトウェアサプライチェーン問題~
5.OSSライセンス関連紛争事例
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

アンダーソン・毛利・友常法律事務所


                        
                      

弁護士

岩井 久美子 氏

<略歴>

2008年弁護士登録。慶應義塾大学法学部法律学科及び同大学院法務研究科修了。2008年曾我法律事務所参画、2019年より5月より現アンダーソン・毛利・友常法律事務所所属。2008年より2011年まで中国(北京・上海)にて勤務。2011年より2014年まで特許庁の独法である工業所有権情報研修館へ出向。
2015年よりフィリピン、タイを中心とするASEAN業務にも従事。
一般財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)「中国における知的財産権問題等に関する検討委員会」、「IoT時代におけるOSSの利用と法的リスクに関する検討委員会」委員。
国家試験知的財産管理技能検定委員。
山口大学大学院技術経営研究科非常勤講師。慶應義塾大学大学院法務研究科助教(~2015)。
監修書籍に「OSSライセンスの教科書」(上田理著/技術評論社)。その他論文、講演多数。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,810円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,810円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 総務省関連/