タ イ ト ル

商用化を目指しパイロット実証を2020年に運用開始する

川崎重工業「水素サプライチェーン構築」の進捗及び
水素ガスタービン発電プロジェクトの進展

~エネルギーセキュリティー 持続可能性 液化水素~

開 催 日 時
2019年08月20日(火)  14:00 - 16:00
<当日13:00までお受付致します>
セミナーNo 14664
講義概要
CO2フリー水素サプライチェーンの商用化を目指して、パイロット実証を2020年に運用開始する。豪州褐炭からの水素製造、現地の陸上輸送、液化水素運搬船への積荷、世界初となる日豪間長距離大量液化水素輸送、および神戸での荷役技術の実証に取り組む。本講演では、水素利用に向けた世の中の動き、サプライチェーンのコンセプト、技術開発状況および水素ガスタービン発電の実証を含むプロジェクトの進展について述べる。
講義項目
1.低炭素から脱炭素へ
(1)COP21 (パリ協定)
(2)COP21 (パリ協定)を受けて国内の動き
(3)CO2フリー発電進展イメージ
2.水素利用への動き
(1)水素基本戦略
(2)グローバル企業の動き(Hydrogen Council)
(3)水素導入ビジョン
3.水素サプライチェーンのコンセプト
(1)商用チェーンコンセプト
(2)未利用資源褐炭について
(3)豪州のCO2貯留プロジェクト
4.水素インフラ技術
(1)水素液化機
(2)液化水素運搬船
(3)液化水素荷役システム
(4)液化水素タンク
(5)陸上輸送技術
(6)水素ガスタービン燃焼技術(ウェット方式/ドライ方式)
5.安全への取組
(1)安全原則
(2)液化ガスの蒸発・拡散挙動
(3)安全評価・解析を援用した設計
6.プロジェクトの進展
(1)世界初達成 市街地での水素ガスタービンによる熱電併給
(2)日豪パイロット実証
7.まとめ
8.関 連 質 疑 応 答
9.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

川崎重工業株式会社

水素チェーン開発センター長

准執行役員

西村 元彦 氏

<略歴>

【1987年】 同志社大学機械工学部  修士卒業
【 同年 】 川崎重工業株式会社  入社
      エネルギープラント、伝熱流動および燃焼関連の研究・開発・設計に従事
【2003年】 東京工業大学 工学博士
【2010年】 熱技術研究部 部長 エネルギーシステム、レシプロエンジン、
      ジェットエンジン他の開発を所掌
【2013年】 水素プロジェクト部 部長
【2015年】 水素チェーン開発センター 副センター長 理事
【2019年】 水素チェーン開発センター センター長 准執行役員
<所属学会等>
技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構 事務局長  兼  技術開発部長
日本機械学会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 32,870円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,870円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG
経済産業省関連/製造産業
国土交通省関連/海事