タ イ ト ル

<東京開催>関西電力株式会社

ブロックチェーンを活用した電力直接取引実証と今後の展開

~電力P2P取引 ブロックチェーン技術 電力デジタル技術~

開 催 日 時
2019年10月01日(火)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14776
講義概要
ブロックチェーン技術を活用した電力ビジネスの検討は、デジタル化の流れを踏まえP2P電力取引への適用を中心に国内外で盛り上がりを見せている。各種課題はあるものの、電力デジタル技術の革新や分散型エネルギー活用の進展は、BC技術を活用したP2P電力取引に親和性があり、BC電力ビジネスの未来は明るいと考えられる。 
講義項目
1.電力業界の構図・エネルギー取引ビジネスの類型
2.卒FITを踏まえた、現状と課題
3.買取期間終了後の太陽光発電からの余剰電力買取(関西電力の場合)
4.ブロックチェーン技術を活用した電力P2P取引
5.関西電力のブロックチェーンを活用した電力直接取引実証
6.電力P2P取引の制度面の論点と今後の展開
7.関 連 質 疑 応 答
8.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

関西電力株式会社

研究開発室 技術研究所 エネルギー利用技術研究室(ホームエネルギー)

主幹

石田 文章 氏

<略歴>

1986年3月東京大学工学部電気工学科卒業。同年4月関西電力に入社。主に、送変電設備の計画、解析業務に従事。以降、2003年6月研究開発室研究企画グループマネジャー、2007年6月秘書室マネジャー、2009年6月NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)新エネルギー部統括研究員出向、地域エネルギー本部担当部長でのスマートグリッド、スマートコミュニティの戦略策定の従事を経て、2017年6月より現職。現在は、家庭用分野でのエネルギー利用技術やブロックチェーン技術の活用に携わる。専門分野は、電力システム解析、再生可能エネルギー技術、スマートグリッド技術、ブロックチェーン技術。2016年4月~ 大阪大学招聘教授。
<所属学会等>
電気学会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,600円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,600円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG
経済産業省関連/産業技術