※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

一般海域に関する洋上風力発電促進法、日本における特有の問題点、日本における今後の展開を見据えた

洋上風力発電プロジェクト開発・ファイナンスにおける留意点

~特に建設リスクについて、台湾のプロジェクトをケーススタディとして解説~

開 催 日 時
2019年11月27日(水)  09:30 - 11:30
<当日08:30までお受付致します>
セミナーNo 14816
講義概要
ますます需要が高まる再生可能エネルギーの中でも、洋上風力発電は安定的かつ大規模な電源として期待され、欧州で発展を遂げてきました。アジアでも、複数のプロジェクトが進行中の台湾や、今後の法整備が期待される日本で、洋上風力発電の開発が進むものと思われます。本講義では洋上風力発電で考慮すべき点について触れつつ、特に建設リスクについて台湾のプロジェクトをケーススタディとして解説致します。
また、日本における今後の展開を見据え、一般海域に関する洋上風力発電促進法やその他日本における特有の問題点についても解説致します。                       
講義項目
1.マーケットの概況と欧州プロジェクトの教訓
  (1)欧州
  (2)台湾
  (3)欧州プロジェクトの教訓
2.洋上風力発電プロジェクトの特徴と考慮すべきポイント
  (1)洋上風力発電プロジェクトの特徴
  (2)建設リスク(想定されるストラクチャー、問題点、対応策)
  (3)運営リスク
  (4)PPA(売電契約)/Feed in Tariff(価格・補助金)
  (5)許認可、ライセンス
3.日本における今後の展開
  (1)港湾区域と一般海域
  (2)建設及び運営上の問題点
  (3)考え得るファイナンス・ストラクチャー
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

クリフォードチャンス法律事務所


                        
                      

弁護士

阿部 裕介 氏

<略歴>

2002年早稲田大学法学部卒業。2003年弁護士登録、クリフォードチャンス法律事務所へ入所。2009年NY州弁護士登録。大手都銀、日系総合商社ロンドン支店、クリフォードチャンス香港オフィスへの出向・勤務経験あり。現在はクリフォードチャンスのWorldwide Projects Groupに所属し、国内外の再生可能エネルギーを含めたプロジェクト開発案件、プロジェクトファイナンス案件を手がけている。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,210円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,210円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームページからのお申込みに限る。)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG
経済産業省関連/商務情報