※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

令和2年度概算要求と政府与党の最新議論を踏まえ

水素社会実現・再エネの更なる普及拡大に向けたエネルギー政策

~水素製造のための水電解装置等の低コスト化 分散型エネルギーの導入促進 蓄電池の活用~

開 催 日 時
2019年10月28日(月)  17:00 - 19:00
<当日16:00までお受付致します>
セミナーNo 14817
講義概要
パリ協定等の温室効果ガスの削減目標達成のため、再生可能エネルギーの更なる普及拡大と分散型エネルギー・蓄電池の導入推進と、再生可能エネルギー由来の水素の製造コスト減と活用幅の拡大等が必要不可欠となります。
また、それらの災害対策等への幅広い活用を検討することが肝要となります。
政府与党における最新の議論を交え、ご説明いたします。
講義項目
1.水素社会実現に向けた取組
  (1)水電解装置等のコスト減
  (2)水素の出口戦略
  (3)政府与党における議論と方針
  (4)令和2年度概算要求
  (5)その他
2.再生可能エネルギーの更なる普及拡大に向けて
  (1)分散型エネルギーの導入促進と蓄電池の活用
  (2)政府与党における議論と方針
  (3)令和2年度概算要求
  (4)その他
3.その他
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

衆議院議員

自民党政務調査会 総合エネルギー戦略調査会

会長代理

山本 拓 氏

<略歴>

法政大学文学部卒業。
鯖江青年会議所理事長、福井県議会議員(二期)を歴任。
平成2年衆議院議員総選挙において初当選。現在八期目。
農林水産副大臣、衆議院懲罰委員長、衆議院北朝鮮拉致問題等特別委員長、衆議院倫理選挙特別委員長、自民党資源・エネルギー戦略調査会長等を歴任。
<所属協会・団体・学会等>
衆議院議員
自民党総合エネルギー戦略調査会 会長代理
自民党農林水産流通・消費対策委員会 委員長
自民党環境・温暖化対策調査会 副会長
自由民主党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟 顧問
分散型エネルギーシステム議員連盟 顧問
ほか

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 33,200円 (資料代・消費税込)
【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待
(ホームページからのお申込みに限る。)
                    
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG