※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

判例・事例を踏まえた

再エネ主力電源化時代のリスクと予防・対応策

~再エネ案件のリスク、紛争の予防、リスク分担~

開 催 日 時
2020年01月15日(水)  13:30 - 15:30
<当日12:30までお受付致します>
セミナーNo 14826
講義概要
再エネの導入が進展するとともに、紛争事例・失敗事例もみられるようになっています。また、相次ぐ災害や制度変更によりリスクが顕在化した事例も少なくありません。太陽光から洋上風力まで再エネ案件に多数関与してきた弁護士が、裁判例や実際の案件での経験を元に、再エネ案件のリスクと予防・対応策を詳説します。
講義項目
1.判例にみる再エネ案件のリスク
2.リスクの洗い出しと予防・対応策(総論)
  (1)デュー・ディリジェンス
  (2)契約書の作成
  (3)交渉プロセスの記録化
3.主なリスクと予防・対応策(各論)
  (1)用地リスク
  (2)建設リスク
  (3)不可抗力リスク
  (4)その他のリスク
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

森・濱田松本法律事務所


                        
                      

パートナー・弁護士

岡谷 茂樹 氏

<略歴>

2002年、東京大学法学部卒業。2003年、弁護士登録、森・濱田松本法律事務所入所。2005年、経済産業省商務情報政策局取引信用課に出向(~2006年)。2009年、米国バージニア大学ロースクール(LL.M.)修了。2009年、豪州Clayton Utz法律事務所ブリスベン・オフィス勤務(~2010年)。2010年、みずほ証券インベストメントバンキングプロダクツグループ(IBPG)に出向(~2011年)。2011年、米国ニューヨーク州弁護士登録。2016年、森・濱田松本法律事務所パートナーに就任。
再生可能エネルギー分野およびPFI・PPP(官民連携)分野の案件を主に担当。各種発電所、公共施設その他のインフラ施設の建設・運営、プロジェクトファイナンス、ファンド組成(インフラファンドの組成・上場を含む)、再エネ案件のセカンダリー取引に多数関与。近時は、特に洋上風力発電所の建設プロジェクト、コンセッションを始めとするPFI・PPP分野の案件、クロスボーダーの再エネ・インフラ投融資案件に注力している。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 33,110円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,110円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源・LNG