※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

“新任担当管理者”必聴

PPP官民連携の各種手法及び法制度・契約実務に関する
基礎から応用の勘所3時間セミナー

~コンセッション・公共施設等運営権制度 公的不動産の利活用事業~

開 催 日 時
2020年01月29日(水)  13:30 - 16:30
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14847
講義概要
PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)とは、公共サービスの提供において、何らかの形で民間が参画する手法を幅広くとらえた概念で、 PFI、コンセッションのほかに、デザインビルド、包括民間委託、指定管理者、部分的民営化、行政財産の商業利用等の官民連携の手法等が広く含まれます。PFI法は、成立から約20年が経過し、一定の実務が確立している一方で、コンセッション事業の推進、公的不動産における官民連携の推進、優先検討規程に関する事項を含むPPP/PFI推進アクションプラン(令和元年改訂版)が本年6月に公表され、公共施設等運営権事業や公的不動産利活用事業も数を増し、今後も多くの事業がPPP/PFI事業として実施されることが期待されています。
当セミナーでは、主としてPPP分野を取り扱う部署に配属された新担当者のために、PPPの各手法について、法令等を踏まえその具体的内容や違いを解説するとともに、特に、指定管理者を含むPFI、コンセッション、公的不動産の利活用の契約実務や諸問題について初歩から解説いたします。また、民間事業者における資金調達手法も概観し、参加者からの個別の質問の機会も設ける予定です。
講義項目
1. PPPとは
2. PPPの各種手法の解説・比較
3. PFI方式の法制度・基本的な考え方・事業契約の解説
4. コンセッション方式の法制度・基本的な考え方・実施契約の解説
5. 公的不動産利活用事業の法制度・基本的な考え方・契約形態の解説
6. その他のPPP方式の法制度・基本的な考え方の解説
7. PPP分野における資金調達手法の解説
8.関 連 質 疑 応 答
9.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業


                        
                      

弁護士

二本松 裕子 氏

<略歴>

1997年一橋大学法学部卒業。2001年弁護士登録。2008年サザンメソジスト大学LL.M修了。2011年~2013年まで法務省東京法務局勤務。それ以降現在まで、渥美坂井法律事務所・外国法共同事業に勤務。2015年~現在まで東京地方裁判所民事調停官、2018年~現在まで内閣府民間資金等活用事業推進委員専門委員を務める。2001年の弁護士登録以降、多数の公共側、民間側、銀行側のリーガルアドバイザーを歴任。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,800円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,800円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 内閣府関連/民間資金等活用事業推進室(PPP/PFI推進室)
国土交通省関連/総合政策局 
経済産業省関連/総合政策局