※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

<東京開催>  小紫 雅史 市 長 特別招聘

生駒市が次の50年を見据えて取組む「次世代の住宅都市」の全容とプロジェクト


                  

開 催 日 時
2020年02月06日(木)  13:30 - 15:30
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14873
講義概要
住宅都市として発展してきた生駒市は、現在様々な課題を抱えている。その課題に対応するため、「自治体3.0のまちづくり」というビジョンを掲げている。
令和3年に生駒市は市制施行から50周年を迎えるが、その次の50年を見据えてさらに本市が発展を続けるためには、単なる「ベッドタウン」から卒業し、多様な生き方や多様な生活スタイルに対応した「次世代の住宅都市」を目指す挑戦が不可欠である。
講義項目
1.生駒市について
  (1)生駒市の概要
  (2)生駒市の先進的な取組
2.まちづくりのビジョンと自治体3.0
  (1)生駒市の課題
  (2)まちづくりのビジョン
  (3)自治体3.0のまちづくり
3.市制施行50周年に向けた重点取組
  (1)学研高山地区第2工区の整備
  (2)ニュータウンの再生
4.50周年の次の50年を見据えて
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

生駒市


                        
                      

市長

小紫 雅史 氏

<略歴>

【1997年】 一橋大学法学部  卒業
【2003年】 シラキュース大学院行政経営学部  修了
【1997年】 環境庁(現 環境省)  入庁
      ハイブリッド自動車の税制優遇、廃棄物処理法・容器包装リサイクル法の改正や、事業者との環境自主協定制度
      (エコ・ファースト)の創設などに尽力
【2011年】 退職(大臣官房 秘書課 課長補佐)
【同    年】 全国公募により生駒市副市長に就任
【2015年】 生駒市長に就任(現在2期目)

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,540円 (資料代・消費税込)
【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
                    
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 総務省関連/国土政策局
国土交通省関連/総合政策局