※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

東京電力ホールディングス株式会社

福島第一原子力発電所における廃炉作業の現状、課題と今後の方向性

~燃料デブリ取り出し 汚染水対策 廃棄物管理~

開 催 日 時
2020年01月30日(木)  13:30 - 15:30
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14884
講義概要
福島第一原子力発電所では2011年3月11日の事故発生から8年半が経過し、政府・協力企業と共に進めてきた廃炉作業は確実に進捗している。
課題である汚染水対策では予防的・重層的対策の効果により汚染水発生量は事故当初と比較すると大幅に減少、使用済燃料プールからの燃料取り出しでは4号機が完了し3号機を実施中、燃料デブリ取り出しに向けた内部調査も進んでおり、原子炉格納容器内部の状況も少しずつではあるが明らかになってきている。
本講義では、福島第一原子力発電所における国内外の叡智を集め進めている廃炉作業の現状、課題と今後の方向性について詳説する。
講義項目
1.事故の経緯と廃炉作業
2.福島第一の現状
 (1)プラントの状況
 (2)環境線量の状況
 (3)労働環境の改善
3.主な課題への取組み
 (1)汚染水対策
 (2)使用済燃料プールからの燃料取出し
 (3)燃料デブリ取り出しに向けて
 (4)廃棄物管理
4.福島復興に向けた取組み
 (1)双方向のコミュニケーション
 (2)福島復興に向けた取組み
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
講 師 

東京電力ホールディングス株式会社

福島第一廃炉推進カンパニー プロジェクト計画部

部長代理

高橋 正憲 氏

<略歴>

1988年3月 東北大学工学部機械工学科卒
1988年4月 東京電力入社
2010年まで、発電所のプラント運転業務ならびに保全業務、新規発電所の建設計画や中長期の電力供給計画の策定業務に従事
2011年3月11日の東日本大震災・事故以降は福島第一の注水冷却ならびに社内事故調査にあたる
2012年より約4年半、福島第一原子力発電所において所長補佐を務める
2016年12月よりトヨタカイゼンを社内に展開・定着させる業務に従事した後、2019年4月より現職で廃炉全般を担当中

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,430円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,430円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源エネルギー庁
環境省関連/製造産業局
環境省関連/総合環境政策