タ イ ト ル

政府も配電事業への新規参入の検討を開始

急進する、災害に強い「マイクログリッド」における新たなビジネスチャンス

~国内外事例 地域エネルギーウルトラマン 配電改革~

開 催 日 時
2020年04月21日(火)  13:30 - 16:00
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14932
講義概要
Ⅰ講師:江田 健二 氏
電力小売全面自由化から4年が経過し、小売ビジネスでの競争が激化している。発電・送電部門においても大きな変化が求められている。また、デジタル化の大きな波と脱炭素化は、エネルギー業界に影響を与えている。今後のこれら変化の影響や注目される新技術、新たに生まれるビジネスチャンスと今後の方向性を考察する。
講義項目
1.電力、ガス自由化の振り返り
2.なぜ、マイクログリッドが注目されるのか
3.マイクログリッドを進める上でのキーワード
4.マイクログリッド国内企業事例
5.マイクログリッド海外事例
講義項目2
Ⅱ講師:柏崎 和久 氏
2019年はいくつもの大きな自然災害と深刻な停電被害が記憶される1年となった。世の中の困りごとをいかにしてビジネスに仕立てていくか?注目されているのがマイクログリッド!政府も配電事業への新規参入の検討を始める。
大手電力にとって離島や過疎が進む地方部など、世帯密集度の低いエリアの配電設備の更新投資は負担が大きい。地域の企業に配電設備の所有、維持管理を委ね、地域で再エネやコージェネレーションなどの分散電源を導入しマイクログリッドを構築すれば、自然災害時の停電リスクを軽減できるだけでなく、地方企業にとっての新たなビジネスにもなるのではないだろうか?
0.雑談:私の電力ビジネスを振り返る
1.なぜ、マイクログリッドが注目されるのか
2.マイクログリッドとは
3.ビジネスの布石をどう打つか
4.実現場からの教訓
5.エネルギーウルトラマン
6.事業構想
7.地方での処世ノウハウ
--------------------------------------------------
Ⅲ 両講師による関連質疑応答・名刺交換会
--------------------------------------------------
講 師 1

RAUL株式会社


                        
                      

代表取締役社長

江田 健二 氏

<略歴>

2000年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、アンダーセンコンサルティング(現・アクセンチュア日本法人)に入社。エネルギー・化学業界を担当し、電力会社や大手化学メーカーの業務改善プロジェクト等に参画した。 ITコンサルティング、エネルギー業界の知識を活かし、2005年にRAULを設立し、同代表取締役社長に就任する。
一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人CSRコミュニケーション協会理事、一般社団法人つなぐ未来研究所理事、環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション促進委員会委員等を歴任。
本業の傍ら、環境・エネルギーに関する執筆・講演活動を行っている。
<所属協会・団体・学会等>
一般社団法人エネルギー情報センター

講 師 2

株式会社I.T.I.


                        
                      

代表取締役社長

柏崎 和久 氏

<略歴>

中央大学理工学部電気電子工学科卒業後、関電工に入社。バイオマス発電ベンチャー、大型蓄電池ベンチャーを経て、日本電気株式会社(NEC)へ。NEC在籍時にエフビットコミュニケーションズの経営改革に携わり、2017年4月にエフビットコミュニケーション社長に就任。わずか1年で新電力エフビットの売上高を倍増、利益率を大幅に向上させた。その経営手腕が買われ、2018年3月に退任後、電力ビジネスにかかわる複数企業でアドバイザーを務める。
現在、ネクステムズ取締役、HTBエナジー社外取締役、日本海ガス経営顧問、環境エネルギー技術研究所経営顧問、
I.T.I.代表取締役。
技術士(経営工学部門)、利き酒師。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,850円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,850円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/経済産業政策局
経済産業省関連/産業技術環境局
経済産業省関連/資源エネルギー庁