※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆ライブ配信有◆本セミナーは、会場及びご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。
 

日本郵政株式会社 施設部が取組む BIM活用方針、試行事例と今後の展開

~FM業務へのBIM活用 連続したBIMデータ~

開 催 日 時
2020年07月03日(金)  13:30 - 15:30
<開場は13:00でございます。お申込みは、当日12:30まで承ります。>
セミナーNo 14996
講義概要
 日本郵政施設部は、郵政グループ保有施設のライフサイクル全般にわたる業務に携わっており、設計から維持・管理業務まで連続したBIMデータによる効率的な情報共有を図っています。今回は、施設部のBIM活用方針、試行事例及び目標としている今後の展開をご紹介します。
講義項目
1.日本郵政グループの紹介
  (1)日本郵政グループの構成
  (2)日本郵政施設部の紹介
2. BIM推進の取組み
  (1)施設部のBIM推進取組み状況
  (2)BIMの活用方針
3. 活用事例の紹介  
   (1)新築設計の活用事例
   (2)維持・管理業務の活用事例
   (3)既存施設のBIM化 
4. 今後の展開
   (1)BIMを中心としたFM業務プロセスの確立
   (2)調査・改修工事へのBIM活用 
5. 関 連 質 疑 応 答
6. 名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 

日本郵政株式会社

不動産部門 施設部 

施設保全グループ担当部長 

土田 真一郎 氏

<略歴>

1990年 長岡工業高等専門学校機械工学科卒。日立エンジニアリング株式会社(現 (株)日立製作所へ再編)へ入社し、環境配慮型火力発電所のシステム設計に従事。その後、1998年 郵政省(現 総務省)へ入省し、設備設計業務に従事。2016年度より社内のBIM推進に関わり、2019年度より日本郵政株式会社 不動産部門 施設部 施設保全グループ担当部長及びBIM推進担当部長を兼務。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 33,210円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,210円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 国土交通省関連/総合政策局 
経済産業省関連/製造産業局
経済産業省関連/経済産業政策局
国土交通省関連/産業技術環境局