※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆ライブ配信有◆本セミナーは、会場及びご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。

<若手医師ICT・AIベンチャー登壇シリーズセミナー>
急性期医療を通じて次世代型医療体制を構築する
TXP Medical(株)の取組みと展開

~急性期医療現場業務支援AIの最前線~

開 催 日 時
2020年08月05日(水)  09:30 - 11:30
<開場は09:00でございます。お申込みは、当日08:30まで承ります。>
セミナーNo 15105
講義概要
急性期医療の現場では、救急隊や問診データなど院外の情報、電子カルテの情報、さらに予後や転帰の情報まで、情報の分断が著しく、結果として現場の医療従事者は非効率な書類業務に忙殺されています。AIの活用による業務効率化の数段手前に真の現場の課題は存在します。我々がNEXT Stage ERを通じて解決したい課題と、本事業紹介を通じて医療ITの未来像を探ります。
講義項目
1.急性期医療現場の課題
 (1)医療データの分断
 (2)医療現場に生じている非効率
 (3)電子カルテの罪
2.NEXT Stage ERの取り組み
 (1)NEXT Stage ERのコアコンセプト
 (2)最新の業務支援AI機能
 (3)課題解決に向けたアプローチ
3.医療ITの未来
 (1)あるべき未来の救急医療
 (2)繋がった医療データの価値
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 

TXP Medical株式会社

代表取締役

日立総合病院救命救急センター医師

園生 智弘 氏

<略歴>

東京大学医学部卒業。東京大学病院、日立総合病院で主に救急集中治療関連の臨床業務に従事。救急科専門医・集中治療専門医。
臨床業務の傍ら、急性期向け医療データベースの開発や、これに関連した研究を複数実施し、これら医療データベースの構築や医療関連言語処理技術開発を事業化。2017年にTXP Medical (ティーエックスピーメディカル)株式会社を創業。
2018年内閣府SIP (エスアイピー)のAIホスピタル (エーアイホスピタル) 研究事業に採択。日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。NEXT Stage ERシステムは全国の救命救急センタークラスの大病院25箇所に導入。急性期医療のデータをつなぎ、医療現場を書類業務から解放する、適切なIT活用に関して発信を行っている。
<所属協会・団体・学会等>
日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本医療情報学会員
日本遠隔医療学会員
2018年内閣府SIPのAIホスピタル研究責任者

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 33,920円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,920円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 厚生労働省関連/医政局
厚生労働省関連/老健・介護
総務省関連/情報流通行政局