タ イ ト ル

◆ライブ配信有◆本セミナーは、会場での受講と、ご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。
after/withコロナ時代における

VR/AR/スーパーシティ構想の最新動向を踏まえた
電通のDX事業展開戦略とスポーツ&エンタメの今後の展望

~XRを活用したニューノーマル時代の新たな観光産業、エンタメの稼ぎ方とは~

開 催 日 時
2020年08月25日(火)  16:30 - 18:30
<開場は16:00でございます。お申込みは、当日15:30まで承ります。>
セミナーNo 15148
講義概要
「コロナリセット」
企業、メディア、IPホルダーがあらゆる局面と接点においてDXを余儀なくされている状況で、どうやって回復するのかではなく、どう変化していくのかが求められている。それは今までとは全く異なったビジネスモデルが必要であり、それを生み出すチャンスでもある。DXが加速すると同時にフィジカルなモノの価値が上がるのは必至。激動の波を乗りこなすための施策とは。
講義項目
 1.XRの時代は本当にやってくるのか?
 2.観光のDX化
 3.エンタメのDX化
 4.スポーツのDX化
 5.2020~2025に向けての先進技術の国内動向
 6.デジタルツインがもたらす未来
 7.都市のデジタルツイン(ミラーワールド)
 8.スーパーシティ構想にXRはどう活用されるのか
 9.世界中で「既に起きている未来」における日本のアドバンテージはあるのか
10.関 連 質 疑 応 答
11.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 

株式会社電通

アクティベーション・ソリューション・センター
インテグレーション推進部

シニアテクノロジーディレクター

足立 光 氏

<略歴>

武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒1990年電通入社。当初からDTP、CG、VR、AR技術を活用した表現を模索し、最新テクノロジーを駆使した海外向けデジタルクリエーティブ業務に従事。20年以上にわたりVRを活用したメソッドに携わり、2016年に電通VR事業を推進する社内タスクフォース「電通VRプラス」のコアメンバーとして、VR/ARのメディア化、大衆化を目指す。
<所属協会等>
ロケーションベースVR協会 理事

1991年武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒
舞台美術や店舗設計などの空間デザイン設計を学ぶ傍ら、漫画家のアシスタントに従事。当時世界初のCGを活用したデジタル漫画の作画を担当。

1991年電通入社。当初からDTP、CG、VR、AR技術を活用した表現を模索し、最新テクノロジーを駆使し、主に海外向けデジタルクリエーティブ業務に従事。任天堂、Sony、Panasonicなどを担当。

20年以上にわたりVRを活用したメソッドに携わり、2016年に電通VR事業を推進する社内タスクフォース「電通VRプラス」の創設者として、VR/ARを活用した広告業務の他、当領域の新規事業の開発/投資ならびにメディア化、大衆化を目指す。

数多くのVRコンテンツの制作プロデュースを行うほか、AR事業への投資、都市のデジタルツイン、ミラーワールド化における事業に従事

【職務経歴】
株式会社電通(正社員)1991年4月~現在に至る
1991年 電通関西支社 クリエーティブ局
2002年 電通関西支社 インタラクティブ・コミュニケーション局 部長
2013年 電通本社 デジタルビジネス局 部長
2017年 電通本社 ビジネスデベロップメント&アクティベーション局 テクノロジー開発部 部長
2019年 電通本社 ビジネスデベロップメント&アクティベーション局 テクノロジー開発部 
シニアテクノロジーディレクター

・株式会社電通 
アクティベーション・ソリューション・センター
インテグレーション推進部 シニアテクノロジーディレクター

・武蔵野美術大学造形構想学部映像学科 客員教授
・亜細亜大学都市創造学部都市創造学科 講師
・ロケーションベースVR協会 理事

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,490円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,490円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 総務省関連/情報流通行政局
総務省関連/総合通信基盤局
経済産業省関連/商務情報政策局