※こちらのセミナーはお申し込み受付を終了しています。
タ イ ト ル
No.15149

◆会場受講先着15名様限定◆ライブ配信有◆

毎年恒例 町田市 石阪 丈一 市長 特別招聘
町田市の街づくり・スマート自治体方針と具体施策について

~「まちだ未来づくりビジョン2040」策定に向けて~

開 催 日 時
2020年10月08日(木)  09:30 - 11:30
<開場は09:00でございます。お申し込みは、当日08:30まで承ります。>
講 師

町田市


                        
                      

市長

石阪 丈一 氏

講義概要
2040年。予測不可能とも言える未来の暮らしと経済。
その中で、20年後も人々に選ばれ続けるまちになるために。町田市は今、新しい基本構想・基本計画を策定中です。
「まちだ未来づくりビジョン2040」。
10年、20年先を見据えて、新しい社会経済情勢に適応して、それにふさわしいソフト・ハードの政策を「創造する」取組みを始めています。
みどり豊かな丘陵地、多くの人が集う商業都市、住宅都市など多彩な総合型都市、町田がどうなってゆくのか、どのような「まち」にすべきか、街づくりの方向性を今、見極めようとしています。
講義項目
1.2040年の社会をイメージする
 (1)国全体としての人口減少社会への対応
 (2)デジタル社会、デジタルトランスフォーメーションへの自治体改革
 (3)バックキャスティングによるシナリオの研究
2.2021年へ。政府の骨太方針と自治体経営のあり方
 (1)骨太方針;海図のない航海?
 (2)対応力、即応力が試される自治体経営
 (3)国、地方を通じた財源縮小の時代
3.10年後、20年後の人材を育てる
 (1)えいごのまちだ事業
 (2)ICT教育の推進
 (3)幼児教育、児童館・冒険遊び場
4.サービス改革のための先端技術開発とプラットフォームづくり
 (1)新型コロナウイルスと次世代型行政サービスの加速ニーズ
 (2)プラットフォーム;行政サービスの供給の仕組みの転換
 (3)スマート自治体
5.「20年後も賑わいのあるまち」とは
 (1)交通基盤施設の整備;多摩都市モノレール等の交通基盤整備
 (2)地域の魅力の開発;文化・芸術活動へのソフト・ハードの政策展開
 (3)「業務」のあり方、通勤・通学の形態の劇的変化とまちづくり
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 略 歴

町田市


                            
                          

市長

石阪 丈一 氏

<略歴>

【1971年】 横浜国立大学経済学部 卒業
【同 年】 横浜市 総務局 就職
【1979年】 総合研究開発機構(NIRA)出向
【1982年】 横浜市 企画財政局
【1996年】 株式会社横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)出向
【2002年】 横浜市 総務局 緊急改革推進本部 理事
【2004年】 横浜市 港北区長(05年9月退任)
【2006年】 町田市長 就任
【2010年】 町田市長 再任
【2014年】 町田市長 再任
【2018年】 町田市長 再任

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
参 加 費
▶民間参加費1名 : 33,480円 (資料代・消費税込)
【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費込)
                    
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 国土交通省関連/都市局
国土交通省関連/総合政策局 
経済産業省関連/経済産業政策局
文部科学省関連/科学技術