※こちらのセミナーはお申し込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆会場受講先着15名様限定◆ライブ配信有◆
(株)みずほ銀行 産業調査部 資源・エネルギーチーム 松村 諒 調査役

With/Afterコロナ時代の燃料市場と関係関連事業者が採るべき戦略

~石油市場:需要ショックと今後の油価見通し 天然ガス・LNG市場:スポット価格低迷と市場の変化~

開 催 日 時
2020年10月23日(金)  09:30 - 11:30
<開場は09:00でございます。お申し込みは、当日08:30まで承ります。>
セミナーNo 15154
講義概要
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、足下の化石燃料需要に大きな影響を与えている。斯かる変化は、短期的な需要ショックに留まらず、中長期的にも燃料市場に不可逆な構造変化をもたらす可能性がある。本講義では、新型コロナウイルスの感染拡大が燃料市場に与える影響を見通した上で、Afterコロナ時代に事業者が取るべき戦略について考察する。
講義項目
1.コモディティ市場発展の経緯
2.コロナが燃料市場に与える影響
 (1)石油市場:需要ショックと今後の油価見通し
 (2)天然ガス・LNG市場:スポット価格低迷と市場の変化
 (3)一般炭市場:低炭素化の潮流と今後の需給動向
 (4)With/Afterコロナ時代における燃料市場
3.AfterコロナのLNG需給見通しと事業者戦略
 (1)世界のLNG需要の長期見通し
 (2)LNG事業者がAfterコロナ時代に取るべき戦略
4.まとめ
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 

株式会社みずほ銀行

産業調査部 資源・エネルギーチーム

調査役

松村 諒 氏

<略歴>

2012年東京大学教養学部卒。2014年東京大学公共政策大学院修了。同年みずほ銀行に入行し、営業第六部にてエネルギー業界の大企業法人営業を担当。2017年よりみずほ銀行産業調査部資源・エネルギーチームにて資源開発、LNG等の業界調査およびアドバイザリー業務を担当。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,430円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,430円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源エネルギー庁