※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆会場受講先着15名様限定◆ライブ配信有◆
岡三証券(株)企業調査部  第一グループ 山崎 慎一 シニアセクターアナリスト

コロナ禍後の世界に「空運セクター」は、如何に対応すべきか

~国際線需要回復、他輸送機関とのコラボ等~

開 催 日 時
2020年10月22日(木)  17:00 - 19:00
<開場は16:30でございます。お申込みは、当日16:00まで承ります。>
セミナーNo 15200
講義概要
2019年12月に中国武漢で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)は、瞬く間に全世界に広がり、今までの人々の生活様式を変容させた。運輸セクターでは特に空運が国際線を中心に壊滅的な打撃を受けている。今講義では空運セクターにおける現状と展望、将来のあるべき姿についてお話しできればと考えている。
講義項目
1.空運セクターにおける影響
 (1) 国際線旅客 世界的な「鎖国」により壊滅的なダメージ
 (2) 国内線旅客 緊急事態宣言により需要は最悪水準に
 (3) 国際貨物  一時的な特需はあったが、荷動きは低下傾向
2.空運セクターにおける現状の対応
 (1) 収入確保政策 レベニューマネジメントの実行
 (2) 費用抑制策  聖域なき固定費削減
3.空運セクターにおける今後の見通し
 (1) 国際線旅客 「鎖国」の解除がカギ
 (2) 国内線旅客 GoToキャンペーンの成否がカギ
 (3) 国際貨物  世界経済の回復と国際線旅客回復がカギ
4.コロナ禍後の世界および空運セクターのイメージ
5.コロナ禍後の世界に空運セクターはどのように対応すべきか?
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 

岡三証券株式会社

企業調査部  第一グループ

シニアセクターアナリスト(電力・ガス・石油、運輸・倉庫担当) 

山崎 慎一 氏

<略歴>

【1999 年】 立教大学経済学部 卒業
【 同  年  】 生命保険会社に就職
【2004 年】 早稲田大学大学院 修了(国際経営学修士(MBA))同年よりアセットマネジメント会社2社にて日本およびアジアの運輸・公益企業アナリスト業務に従事。以来16年間運輸・倉庫、電力・ガスセクターを担当。2011年より当社にて運輸・倉庫、電力・ガス・石油セクターを担当。
<所属協会・団体・学会等>
日本証券アナリスト協会 ディスクロージャー研究会 エネルギー専門部会委員

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,870円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,870円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 国土交通省関連/航空局
国土交通省関連/総合政策局