※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆会場受講先着15名様限定◆ライブ配信有◆
材料・ナノテクノロジー部 バイオエコノミー推進室 吉木 政行 室長
海洋プラスチックごみ問題に対する日本の対応方針を踏まえ

NEDO:海洋生分解性プラスチックの社会実装に向けた技術開発事業の進捗、展開について


                  

開 催 日 時
2020年11月17日(火)  16:30 - 18:30
<開場は16:00でございます。お申込みは、当日15:30まで承ります。>
セミナーNo 15251
講義概要
本講義では、海洋プラスチックごみ問題に対する日本の対応方針を御紹介するとともに、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の取り組みを海洋生分解性プラスチックに関する研究開発を中心として進捗、展開について御紹介いたします。
講義項目
1.海洋プラスチックごみ問題に対する日本の取組み
 (1)海洋プラスチックごみ問題の現状
 (2)海洋プラスチックごみ問題解決に向けた日本の対応方針
2.NEDOとは
3.NEDOの海洋プラスチックごみ問題解決に向けた取組み
 (1)海洋生分解性プラスチックの社会実装に向けた技術開発事業
 (2)ムーンショット型研究開発事業
 (3)革新的プラスチック資源循環プロセス技術開発
4.今後に向けて
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
備 考
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
講 師 

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

材料・ナノテクノロジー部 バイオエコノミー推進室

室長

吉木 政行 氏

<略歴>

1989年大阪大学大学院基礎工学研究科後期課程より日本電気(株)入社、センサ、半導体プロセス等に関する研究開発に従事。2003年独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構入構。研究開発推進部 主査および主幹、電子・情報技術開発部 主幹、電子・材料・ナノテクノロジー部 統括主幹を経て、2016年4月から2020年3月の4年間 材料・ナノテクノロジー部 部長。2020年4月より材料・ナノテクノロジー部バイオエコノミー推進室 室長、現在に至る。工学博士。

<所属協会・団体・学会等>
応用物理学会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費 1名 : 33,360円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,360円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 環境省関連/総合環境政策
環境省関連/地球環境・国際環境協力
経済産業省関連/産業技術環境局