※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆会場受講先着15名様限定◆ライブ配信有◆
コンセプトから実装のフェーズに入った

「スマートシティ」のマネタイズ手法と
「デジタルゼネコン」実現に向けた企業事例と課題


                  

開 催 日 時
2021年02月09日(火)  09:30 - 11:30
<開場は09:00でございます。お申込みは、当日08:30まで承ります。>
セミナーNo 15327
講義概要
グーグルの関連会社がトロントでの構想から撤退する一方、国内ではウーブンシティ構想が立ち上がる等スマートシティもコンセプトから実装のフェーズに入っており、多くの事業者にとって最大の課題はマネタイズ(収益化)であることが明らかになってきている。未だ確立した手法は明らかになってはいないものの、スマートシティのマネタイズについての考え方を示したい。
また、スマートシティ開発・運営に際しては、都市・デジタル・インフラのナレッジをうまく融合しきれていない問題が見えつつある。異なったナレッジを融合するデジタルゼネコンについて、企業事例をもとに課題を整理する。
講義項目
1. スマートシティの開発最新動向
(1)海外動向
(2)国内動向
2.スマートシティのマネタイズの考え方
(1)サイドウォークラボ(トロント)
(2)スマートシティの経済性・採算性の考え方
3.スマートシティのマネタイズ手法
(1)スタンダードとしてのスマート化
(都市の必要十分条件としてのスマート化/コロナテック)
(2)マネタイズ・プラットフォームとしてのデジタル・データ基盤
(都市OS)と都市アプリ/スーパーアプリ
(3)BID等の課金制度
(4)その他
4.スマートシティのマネタイズに向けて
5.スマートシティ推進に向けた開発・運営の課題とデジタルゼネコン
(1)スマート開発・運営の課題
(2)デジタルゼネコンの考え方
(3)デジタルゼネコン実現に向けた企業動向
(4)デジタルゼネコン実現に向けた課題
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
ライブ配信について
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時「ご連絡・ご質問欄」にご記入をお願いいたします。
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを開催日の2営業日前にお送り
   致します。開催日時にZoomミーティングへご参加ください。       
<3>当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
   受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
講 師 1

株式会社野村総合研究所

コンサルティング事業本部 グローバルコンサルティング部

上級コンサルタント

石上 圭太郎 氏

<略歴>

早稲田大学政治経済学部卒業。
野村総合研究所 鎌倉研究本部 入社。以降、地域計画、都市開発、エネルギー・インフラ産業及びそれらのDX、PPP・民営化などに従事。現在、同社グローバルインフラコンサルティング部 上級コンサルタント。

講 師 2

株式会社野村総合研究所

コンサルティング事業本部 グローバルインフラコンサルティング部 海外インフラ開発グループ

グループマネージャー

又木 毅正 氏

<略歴>

慶應義塾大学大学院 法学研究科 修了。
野村総合研究所入社。
都市・モビリティ・エネルギー等のインフラ領域における戦略立案・DX支援、アジア・インドにおける産業・通商政策を担当。

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶民間参加費1名 : 33,500円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,500円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 内閣府関連/民間資金等活用事業推進室(PPP/PFI推進室)
総務省関連/情報流通行政局
経済産業省関連/商務情報政策局
国土交通省関連/国土政策局