※こちらのセミナーはお申込み受付を終了しています。
タ イ ト ル

◆会場受講先着15名様限定◆ライブ配信有◆
多様で公正な社会を目指して

自民党:フェムテック振興議員連盟の動きから見る
新しい日本社会の方向性とあるべき姿


                  

開 催 日 時
2021年05月12日(水)  16:30 - 18:30
<開場は16:00でございます。お申込みは、当日15:30まで承ります。>
セミナーNo 15475
講義概要
少子高齢化・人口減少が進む中で、我が国の活力を維持していくためにはイノベーションを引き起こす環境が必要不可欠である。その土台となる「多様で公正な社会」を実現するため、これまで政治の場であまり議論されることのなかった「生理」や「更年期」など女性特有の悩みをタブー視することなく、真正面から議論するため、フェムテック振興議員連盟を立ち上げ、規制の見直し等について政府に対し提言を行っている。
講義項目
1.タブーへの挑戦
2.フェムテック議連設立の経緯
3.フェムテック議連での議論の過程
4.提言内容
5.議連の今後
6.多様で公正な社会を目指して
7.関 連 質 疑 応 答
8.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを開催日の2営業日前にお送り
   致します。開催日時にZoomミーティングへご参加ください。      
<3>当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
   受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
アーカイブ配信について
<1>開催日より3日以降に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。配付可能な講演資料も合わせて送付致します。
※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
※視聴リンク(URL)は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
<4>質疑応答は原則として収録録画からカットされます。
<5>参加者名簿は配付致しません。あらかじめご了承下さい。
講 師 

自民党フェムテック振興議員連盟 事務局長

総務大臣政務官

衆議院議員 

宮路 拓馬 氏

<略歴>

1979年(昭和54年)12月6日生まれ。
東京大学法学部を卒業後、総務省自治行政局・消防庁、広島市財政課長、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)付参事官補佐などを経て、2014年衆議院議員総選挙で自民党全国最年少初当選。
2020年9月、菅内閣の発足に伴い総務大臣政務官に就任。
<所属協会・団体・学会等>
Femtech振興議員連盟
難聴対策推進議員連盟
性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟(障がい者に対する性暴力問題担当)
永田町こども未来会議(医療的ケア児支援法)

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶︎民間参加費1名 : 33,820円 (資料代・消費税込)
【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政参加費 : 国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
                    
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 厚生労働省関連/医薬・生活衛生局
厚生労働省関連/健康局
総務省関連/情報流通行政局
経済産業省関連/経済産業政策局