※こちらのセミナーはアーカイブ配信のみお申込みを受付けております。
タ イ ト ル

◆会場受講◆ライブ配信◆アーカイブ配信有◆

不動産取引における近時のリスクを踏まえた実務対応のポイント


                  

開 催 日 時
2021年10月18日(月)  09:30 - 11:30
セミナーNo 15655
講義概要
近時の不動産取引・M&Aでは、環境汚染や廃棄物、地盤不良等により、数十億円にも及ぶ多額の損失を被るほか、行政・自治体等から指導等を受けるケースもみられます。
本セミナーでは、近時のトラブル・紛争実例について解説の上で、デューディリジェンス、自治体対応、契約条項の実務的な留意点のポイントを解説いたします。
講義項目
1.関連紛争の増加・賠償額の高額化
2.不動産取引・M&Aにおける環境リスク
 (1)土壌汚染(特定有害物質、ダイオキシン類、油分等)
 (2)廃棄物(PCB廃棄物、アスベスト廃棄物、建設汚泥)
 (3)地中障害物・地下埋設物
 (4)地盤不良(軟弱地盤・基礎不良(盛土含む)、液状化)
3.近時のリスクを踏まえた実務対応のポイント(ポイント解説)
 (1)デューディリジェンス
 (2)契約条項
 (3)地方自治体や行政対応
 (4)役員の賠償リスク
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
ライブ配信受講
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワード 及び 配付可能な講演資料を
   開催日の2営業日前にお送り致します。   
アーカイブ配信受講
<1>開催日より3営業日以降に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLと
   配付可能な講演資料をお送り致します。
   ※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
<3>動画の公開期間は公開日より4週間となります。4週間何度でもご都合の良い時間にご視聴可能です。
   ※視聴リンク(URL)は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数
   でご覧いただくことはご遠慮下さい。
<4>質疑応答は原則として収録録画からカットされますが、視聴後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせ
   ていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
<5>参加者名簿は配付致しません。あらかじめご了承下さい。
講 師 

牛島総合法律事務所


                        
                      

パートナー・弁護士

猿倉 健司 氏

<略歴>

2003年 早稲田大学法学部卒業
2005年 日本大学法学部司法科研究室 講師(民事訴訟法)
2007年 弁護士登録(第60期)、牛島総合法律事務所入所
2019年 牛島総合法律事務所パートナー就任

<所属協会・団体・学会等>
第二東京弁護士会環境法研究会
Multilaw Real Estate Groups
Multilaw Litigation Arbitration and Dispute Resolution Groups
外国人ローヤリングネットワーク会員
全国倒産処理弁護士ネットワーク会員

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶︎民間参加費1名 : 33,820円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,820円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合) ▶行政参加費 : 国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 国土交通省関連/土地・建設産業局
国土交通省関連/都市局
法務省関連/民事
経済産業省関連/経済産業政策局
環境省関連/総合環境政策