※こちらのセミナーはアーカイブ配信のみお申込みを受付けております。
タ イ ト ル

世界における水素の動向/水素関連技術普及の状況/水素の経済合理性

脱炭素に向けた水素の低コスト化とビジネスチャンス獲得の視点


                  

開 催 日 時
2021年11月09日(火)  09:30 - 11:30
セミナーNo 15672
講義概要
家庭用燃料電池や燃料電池自動車など水素・燃料電池の社会実装が少しずつ進んできました。
インフラ整備など普及には課題も山積していますが、将来の脱炭素を実現する上で、水素の活用に大きな期待が寄せられています。
CO2を排出せず安価な水素を実現するための視点について話題提供します。
講義項目
1.はじめに
(1)カーボンニュートラルに向けた社会の変化
(2)発電原価の変遷からみた将来のパラダイム
2.脱炭素と水素
(1)国内のエネルギー消費構造と水素の役割
(2)水素の製造方法とグリーン水素
3.世界における水素の動向
(1)EUの水素戦略
(2)日本の水素戦略
(3)中国の水素戦略
(4)米国の水素戦略
4.水素関連技術の普及の現状
(1)水素・燃料電池のこれまで
(2)燃料電池自動車の普及
(3)水素ステーションの普及
(4)家庭用燃料電池の普及
5.水素の経済合理性
(1)水素ステーションでの販売価格から見た水素の原価
(2)再生可能エネルギーからの水素製造の経済性
(3)設備投資により低コスト化を実現する視点
6.ビジネスチャンスをつかむための視点
(1)テスラモーターズに学ぶ
(2)付加価値から考える
(3)正攻法をやめるための事例と視点
7.関 連 質 疑 応 答
8.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。
ライブ配信受講
<1>Zoomにてライブ配信いたします。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワード 及び 配付可能な講演資料を
   開催日の2営業日前にお送りいたします。   
アーカイブ配信受講
<1>セミナー終了3営業日後から配信いたします。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLと
   配付可能な講演資料をお送りいたします。
   ※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
<3>動画の公開期間は公開日より4週間となります。4週間何度でもご都合の良い時間にご視聴いただけます。
   ※視聴リンク(URL)は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数
   でご覧いただくことはご遠慮下さい。
<4>質疑応答は原則として収録録画からカットされますが、視聴後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせ
   ていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
<5>参加者名簿は配付いたしません。あらかじめご了承下さい。
講 師 

株式会社クロスサイエンティア 代表取締役 

株式会社マテリアルイノベーションつくば 研究戦略企画部長

信州大学 先鋭領域融合研究群 先鋭材料研究所 教授

古山 通久 氏

<略歴>

1997年 東京大学工学部卒業
1999年 東京大学大学院博士前期課程修了
2002年 東京大学大学院博士後期課程修了 博士(工学)
2002年 東京大学大学院工学系研究科 博士研究員(~2003年)
2003年 東北大学大学院工学研究科 助教(~2008年)
2008年 九州大学稲盛フロンティア研究センター 教授(~2018年)
2010年 九州大学大学院工学府水素エネルギーシステム専攻 教授(~2018年)
2016年 物質・材料研究機構エネルギー・環境材料研究拠点 ユニット長(~2020年)
2016年 広島大学大学院先進理工系科学研究科 客員教授(~現在)
2018年 信州大学先鋭材料研究所 教授(~現在)
2019年 株式会社X-Scientia 代表取締役
2020年 株式会社マテリアルイノベーションつくば 研究戦略企画部長
2021年 京都大学オープンイノベーション機構 特定教授

主要な受賞
2006年 財団法人みやぎ産業科学振興基金 第7回研究奨励賞
2008年 日本コンピュータ化学会 吉田賞(論文賞)
2009年 化学工学会奨励賞
2014年 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
​2021年 日本コンピュータ化学会 学会賞

<所属協会・団体・学会等>
化学工学会、日本化学会、電気化学会、燃料電池開発情報センター、日本コンピュータ化学会

主 催 者 J P I ( 日 本 計 画 研 究 所 )
会    場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

https://www.jpi.co.jp/access

(会場へのアクセスについては、正確を期すため、直接会場へおたずね下さい)

参 加 費
▶︎【会場 または ライブ配信受講】 ※セミナー終了3営業日後から4週間何度でもアーカイブもご視聴いただけます。 
1名 : 33,650円(資料代・消費税込)2名以降 28,650円 (社内・関連会社で同時お申込しみの場合)                                         
▶︎【アーカイブ配信受講のみ】   1名 : 33,650円 (資料代・消費税込)
                    
問合せ先

JPI(日本計画研究所)統合マーケティング・ビジネス戦略局

MD(マーチャンダイジング)室

TEL:03-5793-9765

FAX:03-5793-9766

E-mail:info@jpi.co.jp

分 野 名 経済産業省関連/資源エネルギー庁
経済産業省関連/産業技術環境局
環境省関連/総合環境政策
環境省関連/地球環境・国際環境協力