検索条件のクリア
条件に一致する該当するセミナーはありません。
法務省 関連セミナーの目的・特徴
                        1952年に設置され、法治主義の土台となる法秩序を維持・確保し、国民の権利を保全する重要な役割を担っている。
その役割は司法・法務に関する法令の立案、検察、犯罪者の矯正や更生保護、人権の擁護、出入国管理、国籍・戸籍・各種の登記や供託など広い範囲に及んでいる。
このように法務省の主な業務は、司法制度改革の成果の定着、再犯防止施策、犯罪被害者等の支援、適正な出入国管理の実施、刑事収容施設法の円滑な実施、人権擁護施策の推進、基本法制の維持および整備、破壊的団体等の規制に関する調査などを行う。セミナー企画にあたり、その施策の進捗を可能な限り調査研究し、推進する。